負けるもんかプロジェクト

 すい臓切除、ちょっとしたトラブル・・・どうにかタクシー運転手に^^;・・・経済的・社会的復活を目指し前向きにタクシーの運転手をしながらネット副業に取り組んでいます ( ̄^ ̄ゞ

霊能者が私の守護霊様に頼まれて施設にやって来た

こんにちは、まさる🐵です。

渋谷に講習会へ向かう高速バスに乗ってます。

f:id:nodamasa1:20180513081301j:plain

ふと、思い出したので、私が財産や色々なものを失う原因になった、老人ホームを経営していた時の霊能者さん絡みの、エピソードを何回かに分けてレポートしようと思います。

約三年前、老人ホームをオープンした時に、オープニングスタッフとして、

私より1つ年上で友達関係にある介護福祉士の女性2人を同時に雇用してしまっいまして、

いや、スゴイことになりました

職員4人のうち、半分が仲良しコンビですからね・・・

最強の労働組合です。

他の2人もすぐに取り込まれてしまい

私がいないと、文句ばっかりの無駄話し祭り

二人で施設を乗っ取ろうとしていたのですね・・・

今思えば、あの時に乗っ取って貰えばよかったのですが、

一度に全員で辞表を出すことで揺さぶりをかけられ、

私が泣きを入れてくるとふんだのでしょうが

私が全部受理して、ハローワークと折り込みチラシに求人募集を出したところ、応募者が殺到したので、余計面白くなく

辞めるまでの間は、新しい職員も巻き込んでスゴイことになりまして

その新しく入った職員も、またスゴイ妖怪キャラばっかりだったのですが、

その中に、面接の時に

「あなたの守護霊さまから頼まれてここに来ました」

と言う、霊能者の方が現れました。

それも、優しい口調ではなく、面接の次に会って入社手続きの最中に、突然キレ出して

👻「なんであなたは、職員の人達の気持ちを、もっと、分かってあげないの!!!」

👻「なんでもっと、優しくしてあげることができないの!!!」

👻「そんなんじゃダメにきまってんでしよ???!」

👻「私は言いたくないけど、アナタの守護霊サマがどうしても伝えてくれっていうから!!!」

👻「そこにいるの視えないの???」

🐒「へっ???💩」

こんな感じ

いや〜、面くらいました・・・👼

わたし、結構その手の話しを信じてしまう方なので、

その後は、しばらく、その霊能者の方の言いなりになってしまいました。

「守護霊サマがこう言っている」から・・・

というような、霊能的な言葉に一度耳を傾けてしまうと、自分の意思は二の次、三の次になってしまいます。

いや、みなさんも気をつけてくださいね。

精神的に参っているタイミングで、守護霊サマを持ち出されると、深みにハマりやすくなりますね

ですが、楽ですよね、信じちゃっているあいだは

でも、霊能者さんも守護霊サマも、事業の結果責任なんか、全然とってくれませんからね・・・

たけど、実際に私の側にたってくれていたことも事実なので、悪く述べるつもりはありませんが


何回かに分けて、エピソードをお伝えさせて頂きます

あ、もうすぐ東京駅に着きますね

皆さんも、よい日曜日をお過ごし下さい。

ハチ公もうすぐいくからね〜


まさる🐵